B型肝炎とウイルス性肝炎

人間の内臓の中でも、最大で多機能な臓器が、肝臓です。
腹部の右上に位置するこの肝臓は、人間の生命維持のために重要な役割を果たしていて、代謝・解毒・胆汁の生成と分泌の3つの機能を担っています。
肝臓は再生能力・代償能力に優れる為、仮にダメージを受けたとしても残った正常な細胞が余分に働き、機能を維持して行くので自覚症状が出にくいものであることから「沈黙の臓器」と呼ばれています。

この非常に人間にとって重要な臓器の肝臓が、細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊される状態に陥ると、「肝炎」を発症します。
肝炎の原因には、自己免疫・アルコール・ウイルス等があり、その中でもB型やC型のウイルスの感染から引き起こされたウイルス性肝炎が、日本人の多くを占めています。
日本人の300万~400万人近くが慢性肝炎ウイルスの感染者と推測されており、特に40歳以上の9割以上が、B型あるいはC型の肝炎ウイルスに感染していると言われています。
B型とC型の肝炎ウイルスは、主に血液や体液を介して感染しますが、最近では性交渉や覚せい剤の注射器の使い回し、刺青(タトゥー)の針の使い回しによる感染が、特に若者に増えて来ており、深刻な問題となっています。

肝炎ウイルスの種類は他にA型・D型・E型のタイプに分けられており、A型とE型は水や食べ物からの感染です。
A型とE型の感染は以前の日本では多かったのですが、近年では衛生状態の改善により、感染者は大幅に減少しています。
D型は、B型とC型と同じ様に血液や体液を介して感染しますが、B型の感染者のみに感染します。
ここでは最近若者に増えていて、特に感染力の強いB型肝炎について解説して行きます。



▽関連情報
B型肝炎の給付金に関する相談が出来る法律事務です → B型肝炎 給付金